「ほっ」と。キャンペーン
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パソコン用バッグの下にあるチャックの意味

b0054727_9355053.jpgあまやんが最近愛用しているTumiのパソコン用バッグ。非常に頑丈なナイロン製です。百貨店などで買うと高いけど箕面のSSOKで仕入れたら4割引くらいで手に入る。で、前から疑問に思っていたのは、サイドポケットにあるこのチャックです。開いていて入れたものがこぼれた事が一度ならずやあり、何のためについているのか、と思っていたのですが。。。

b0054727_9391717.jpgこれは、キャリーカートにこんなふうに差して使うためについているものだということを、今日初めて学友の人から教えてもらいました。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-31 09:34 | よもやま話

謎の店「プレイボーイ」  詳細判明!

b0054727_0471758.jpg以前のあまやん日記で、会社の近くに、いつも閉まっているが看板だけは新調された「プレイボーイ」という謎の店がある、どんな怪しいプレイが行われているのか、という話をしたのですが、本日その内容が判明しました。


b0054727_0542239.jpg現在プレイボーイは賃貸に出され入居者募集中です。24坪と意外に広く、真っ赤なインテリアが怪しい。家賃126000円、共益費10500円。敷金70万円。プレイボーイを自負されるみなさん借りてみられては?
あまやんはプレイ薄毛おやぢなんでもう無理ですが。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-30 23:42 | 探検!ミステリースポット

ナントカ還元水

b0054727_2247119.jpg某大臣が自殺までして話題になっている、「ナントカ還元水」。ぢつは、何をかくそうあまやん宅にもある。長年お世話になっている工務店の人が、自分も使っていて、絶対おすすめということなので、1年ほど前にムリして購入したものなのだ。還元粋という商品で、なんと15万円くらいもした。確かに、この手の経理の仕分け上は水道光熱費ではなくて、什器機費にはなるはずですね。で、どういう機能があるかというと、これは浄水器ではなく、水道水を、白金電極からの電気を通じて還元、酸化させ、アルカリイオン水と酸性水(アストリンゼン)に分解するというものである。アルカリイオン水は飲用や料理用、アストリンゼンは殺菌、掃除、化粧水などに利用する。非常に健康によいもので、万病に効く事で有名な、「ルルドの聖水」(聖水プレイぢゃないよ)も天然のアルカリイオン水らしい。


b0054727_23194731.jpg嫁はんに言わせると、この水でお米をといで炊いたら全く味が違うし、風邪も引きにくくなったらしい。アストリンゼンの方は、お風呂に入れて「♪明色奥様用〜アストリ〜ンゼン♪」なんて歌ったりしながら入浴したりしています。あまやんの薄毛にも効果はあるかいな。還元水製造機は高いのでおすすめかどうか、あまやんには判断しかねるのですが、でも、大臣も、いくら還元水飲んでても、自殺なんかしたらしたらいけませんよね〜。海外に逃亡とかする方がずっと楽しいと思うんで、あまやんネット読者のみなさんは、責任や人間関係、その他人生で悩んだら、自殺するよりかは海外逃亡を勧めたいと思います。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-29 22:45 | ドリンク・パラダイス

手振り地蔵 満池谷墓地

b0054727_230133.jpg続けて西宮ミステリースポットねたです。あまやん宅から10分くらいの西宮市立満池谷墓地・火葬場にある女の子のブロンズ像、通称「手振り地蔵」。
深夜になると、この像が手を振り、それをみた人は帰りに事故に遭う、とか、女の子がまりをつきながら追いかけてくる音が聞こえた人は死ぬ、とかいわれて恐れられています。

b0054727_2313240.jpg阪神大震災の前まで別の場所にあったのですが、震災で台座が破損し現在の場所に移築されました。足下のウサギの耳は当時よりなぜか片方しかありません。
あまやんは昔、月夜の夜中にこの前で、地蔵が手を振るかどうか、1時間以上も大勢の見物客ともに待っていたのですが、全然振りませんでした。ちなみに、この女の子は誰かというと、「火垂るの墓」に出てくる「節子」だといわれています。アニメでは、このすぐ近くのニテコ池の土手に住んでいたという設定になっており、以前のあまやんが調査した詳細はこちらをどうぞ。この他、ウサギを可愛がっていた女の子が、ボールを追いかけて交通事故にあって亡くなり、その親が寄贈した、という説もある。

[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-28 00:05 | 探検!ミステリースポット

痔を治すお寺は実在した! ヒサヤ大黒堂 苦楽園祖心堂

b0054727_2224646.jpgご存知、「痔」という漢字は「やまいだれ」に「寺」と書くのですが、これは「お寺に行かないと治らないような病気」だからと伝説ではいわれている。そして、本当に、痔を治すためのお寺のようなものがあまやんの家の近所に実在している。それがこの「ヒサヤ大黒堂 苦楽園祖心堂」である。ヒサヤ大黒堂は関西ではかなり知られた存在で、マンガ「じゃりん子チエ」でも「クサヤ恵比寿堂(笑)」として登場しているのを記憶されておられる方も多いであろう。あまやんも小学生の頃、大阪の北浜の夜空に輝く赤い「ぢ」の巨大看板を見て以来、トラウマになってしまい、習字の時間に先生用の朱色の墨で「」と書いて怒られたり、いまだに「じ」や「ジ」をパソコンで打つ時も、「di ぢ」と自然に指が動いてしまうようになってしまった。


b0054727_22101951.jpg ここが入り口。あまやんはではないんだけど、おみくを引いたり、を防ぐお守りのようなものもほしいので、ぜひいつか参拝してみようと思いつつ、行くといつも鍵がかかっている、不思議なミステリースポットである。
外から見たら、新興宗教のお寺めいた感じで、を治すための秘密の祈りや修行が行われているようであるが、たんに、税金対策で院、ゃなくて、寺院の形態をとっているのかもしれない。ひっそりとしている一方で、地元の求人誌ではいつも高給で従業員を募集しているなど、よくわからない不思議なお寺である。
薬は不思議に良く効くことで名付けられた「不思議膏」という不思議な軟膏を専用の注射器を使って大量に肛門に注入するという不思議な治療法を行うのだが、この薬は不思議なくらい高価なことでも知られており、100万円、200万円くらい使ってしまう不思議な人もいるらしい。
 このお寺で不思議膏を製造しているかも不明。ご興味のある方はヒサヤ大黒堂公式ペーまで。中に入ったことがある方おられましたらメッセーを書き込んで下さいね。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-27 23:57 | 探検!ミステリースポット

プロデユーサー養成講座 同窓会

b0054727_2173676.jpg昨年度より開講されていた事業化プロデューサー養成講座で、同窓のF氏が人生に悩んでいるということで、同窓会兼飲み会ということで大阪は上本町の居酒屋にやってきました。

b0054727_21102430.jpg
幹事のロシア氏は、2980円のコースをインターネットで予約したところ、電話がかかってきて、土日という事で値段の高い4000円コースに変更させられた上、込んでいるので時間も早くにしてくれといわれ、来てみたら予約が通っていなかったということで、怒り心頭。この手の居酒屋で注意すべきはこういう突き出しです。注文もしていないのに500円くらいすることもある。とりあえず別の4000円コースにすることに。ただ、ある程度人数がいる時(目安として4人以上)は、単品で頼んだ方が安くて色々楽しめるというのが経験的にわかっているのですが、口には出さずにおく。例えば、6人で来た場合、4000円×6で24000円のコースにするよりかは、600円の単品を40種類、とかした方がおトクです。


b0054727_2191081.jpgマグロのほほ肉カルパッチョ。

b0054727_2195670.jpg刺身盛り合わせ。


b0054727_2111988.jpgだし巻き卵。


b0054727_21135697.jpg串かつ盛り合わせ。

b0054727_21143611.jpgさいころステーキ鉄板焼き。


b0054727_21145336.jpg巻き寿司。この他、揚げ出し豆腐、茶碗蒸し、デザートの抹茶アイスがついていてかなりのボリューム。料理は決して悪くなかったし、値段も高くもないのですが、予約とか、店の対応がむちゃくちゃまずいのは問題ですね。駐車場も電話したら、「店の隣にありますのでそこに入れて下さい」と言われ、無料だと思っていれたら、1400円もとられたりと散々でした。

[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-26 22:05 | お店紹介

阪神芦屋ベトナム料理サイゴン

b0054727_1245298.jpg学際ベンチャーゼミのメンバー&担当S教授と、阪神芦屋にあるベトナム料理「サイゴン」に来ました。ゼミメンバーのベトナム人留学生T君が、ベトナム料理店の創業を考えているので、みんなで偵察に来たのです。バラッキーな建物だけど、ベトナムのイメーヂにあうのと、場所が良いのでかなり繁盛しています。

b0054727_1247014.jpg春巻き(ゴイクン)は1本(二切れ)200円と高め。日本人向けの味付け。

b0054727_12473031.jpg焼きそば。1000円もする。

b0054727_12475472.jpgシェフがベトナムのホテルで働いていた時にクリントン大統領にも出したという蓮の実入り炊き込みご飯。

b0054727_12482883.jpg青パパイヤとマンゴーのサラダ。傘なんかついていて変にお洒落な割にちょっとしか入っていない。後ろにいる国籍不明のチャーみたいな兄ちゃんがTくんです。

[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-25 00:44 | お店紹介

ダチョウの卵を食べる

b0054727_12281679.jpg現在、仕事でダチョウの卵を利用した免疫製造の事業化を支援しているのですが、今回、ダチョウの卵が手に入り、一度会社のみんなで食べてみることになりました。

b0054727_12302574.jpg神戸で飼育されているダチョウはオーストラリア産。

b0054727_12311369.jpgこれがダチョウの卵です!あまやんの顔くらいの大きさで、重さは1.2キロくらい。

b0054727_123218100.jpg殻は非常に分厚く固いのですが、壊してしまってももったいないので、電動ドリルで穴を開けます。

b0054727_12331625.jpg穴があいたら中身をつぶして出します。ぶちゅぶちゅぶちゅ!

b0054727_1234589.jpg出てきた中身。普通の卵は50グラムくらいなので、約24個分。牛乳で少し伸ばします。

b0054727_12352149.jpgホットプレートを使って主婦職員達が調理。

b0054727_12361785.jpg完成したオムレツ。味の方は、基本的には普通の卵と変わらないけど、ふわふわして美味しかったです。ダチョウの卵は有精卵でも不発が多く、4個に1個くらいしか雛化しないらしいです。それとダチョウは非常に性格が凶暴で、卵を取るのも命がけらしい。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-24 23:27 | 食べ物

ビンゴ・ボンゴ

b0054727_2043487.jpg「ラテン系ソーダ」というフレーズで販売中のサントリー「ビンゴ ボンゴ」。グレープ&カシス味です。ラテン系の明るいノリで飲む、というのがコンセプト。ぶどうオヤジの顔が恐い。味の方はちょっと酸っぱ目で、カシス(黒すぐり)独特の人工的な香り。でもこのドリンクの最大の魅力は、美しい真っ赤な色なので、買ったらぜひコップに移し替えて飲んでみて下さいね。なんでラテン系なのかはよくわからないけど、「ウッ!」などとかけ声をかけながら飲んだら気分も盛り上がるかも。105円。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-23 23:03 | ドリンク・パラダイス

フレブル パイド

b0054727_2056523.jpg近所のホームセンターに入荷していたフレンチ・ブルドッグです。黒と白の「パイド」といわれる色の男の子。二匹生まれた中の一匹。ちなみに、フレブルを交配する時は、白と白、白とパイドの掛け合わせなどは駄目で、必ずブリンドルといわれる黒を入れないと性質が弱くなる、といわれています。子供たちが欲しがるんだけど、あんたらの世話だけでも大変なんで、もうあかんで、ということで触らせてもらうだけで帰ってきました。

[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-22 23:07 | よもやま話
お気に入りブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項