累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

<   2005年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

レセナの3つ穴 (その2)

b0054727_2183390.jpg3月16日のあまやんブログで「レセナの3つ穴」の広告が蓮画像ちっくなちょっとしたグロ画像ではないか、という話をしたのですが、今日、大阪梅田駅の地下街を歩いていたら、柱に大きく貼られたレセナのポスターを発見!しかし、なんと3つ目の鼻の穴が修正されて、薄いグレーの紙が張られたような状態になっているのだ。2ちゃんねるなどにも最近この話題は採り上げられたようなので、どうも苦情が殺到して修正されたのかもしれない。

b0054727_2192563.jpg今回は日本人のモデルさんもいてます。こっちはピンクの紙で3つめの鼻の穴がふさがれています!よく、新聞のエッチな宣伝とかで、乳首の上に星形で塗りつぶして隠しているような感じもしてなかなか変。でも道行く人はほとんど目もくれずに歩いている。なんでも、雑誌「Ray]と[More]の宣伝には、修正前の3つ穴画像が3ペーヂにわたってのっているらしく、見た人でトラウマになった人が続出しているみたいです。今度本屋でチェックしてきます。

b0054727_2354519.jpgこっちが修正前のオリヂナル3つ穴モデルさん。拡大されたポスターで見ると、ものすごくそばかすが多い。

b0054727_2233721.jpgあまやんも3つ目の鼻の穴を開けてみることに挑戦!というほどものもんでもないけど。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-31 23:09 | おもしろグッズ

 復刻堂コーヒー

b0054727_1515750.jpg勤務先のビル内にあるダイドードリンコの自販機に、ちょっと変わったコーヒーが入っていたので買ってみました。「復刻堂コーヒー」何かの復刻版という訳ではなく、昔懐かしいコーヒー牛乳の味、というのがコンセプト。味の方は、少しパーム油の入ったような、雪印のコーヒー牛乳に近い味。別に懐かしくもなんともないのが残念。でも、あまやんは、ダイドードリンコとか、サンガリアか、チェリオとかの関西系中堅ドリンクメーカーのドリンクが好きである。
ところで、ダイドードリンコの「ドリンコ」 とはどういう意味か?なぜ「ドリンク」ではないのか?
答えは、ダイドードリンコというのは、「Dynamic Do Drink Company」の略語。ダイナミックに活動するドリンク会社、というような意味。ダイドーのダイは、ダイナミックのダイだったのです。皆さんダイナミックに飲んでみて下さいね、とドリンク好きあまやんからのお願いです。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-30 23:48 | ドリンク・パラダイス

中央公会堂 中之島倶楽部

b0054727_1231160.jpg今月末で会社を退職するA氏の送別会。名古屋に行ってしまうようなので、大阪らしいものを、ということで、中之島公会堂の地下レストラン「中之島倶楽部」に行くことにしました。この公会堂は、大正元年に、株の相場師として大もうけした岩本栄之助氏が私財100万円(現在の50億円)を大阪市に寄付して建設したもの。

b0054727_1365461.jpg岩本氏は、その後事業に失敗し巨額の損失を出し、大正5年に出来上がって行く公会堂を見ながらピストルで自殺します。しかしなんでピストルなんか個人で持っていたんかな。そういうすごいお金持ちがいたんだな、などと思いつつ、一番安い3800円のコース料理を10人で注文しました。以下はそのメニュー。写真は5人分です。

b0054727_1233062.jpg前菜。アルファルファとハム。

b0054727_124133.jpg海鮮サラダ。

b0054727_1243888.jpgサーモンとなすびの包み焼き。あまやんはなすびが駄目なのでパス。

b0054727_1245551.jpg串揚げいろいろ

b0054727_125117.jpgスペアリブ。

b0054727_125439.jpgニンニク風味パスタ。

b0054727_12621.jpgケーキ。

b0054727_1261919.jpgクランベリージュースと紅茶。全般的に、味の方は特に不可もなく、というような感じで、味を楽しむというよりは雰囲気を楽しむところかも。お昼のオムライスがおすすめです。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-29 23:23 | お店紹介

野球

b0054727_243213.jpgオリックスバファローズのオープン戦で市長や知事も招いた始球式、ということだけど、人が集まらないという事で会社で動員がかかり、あまやん大阪ドームまで観戦に行く事に。あまやんは、基本的に他人がボールを投げたり蹴ったりしているのを見てもあんまり意味がないと思うしほとんど関心はないんだけど、とりあえずハッスルして応援してみることにします。

b0054727_244338.jpgぢつはあまやんは野球場に行って野球を見る、というのは生まれて初めて。上からみたらおもちゃみたいでおもしろいです。一応地元関西なのでオリックスバッファローズを応援。オリックスブルーウェーブスと近鉄バファローズが合併して出来たらしい。相手はロッテ。ロッテと言うとガムである。あまやんはガムの値段というのはむちゃくちゃ高いと思う。原料はビニールのようなものと、砂糖、香料くらいで、あんなに小さいのになんで100円とか120円もするのか。多分lこういう選手の給料を払って、球団を持てるほど儲かっているのかいな。

b0054727_2445667.jpg出てきたお弁当。1000円は高いと思う、

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-28 23:32 | よもやま話

ウォーターベッドの水抜き

b0054727_211246.jpgぶよぶよして暖かくて柔らかいもの、というと、あまやんが好きそうなものであることは容易に想像できるであろう。ということでウォーターベッド。あまやんは10数年前に個人輸入で手に入れたんだけど、今度の引っ越しのために、移転、移動することになりました。で、これには500リットルもの水が入っている。ということは、500キロ以上の重量があるということである。当然、そのまま運ぶのは無理で、中の水は一旦抜いて分解する必要がある。引っ越し屋さんはこの手のことはやってくれないので、作業を半がかりで行うことにしました。

b0054727_222483.jpgまずはこんな風にホースをベッドのマット本体に繋ぎます。

b0054727_225069.jpg次にホースを伸ばし、先端を口で吸うと、水がサイホンの原理で自然に出てきます。中の水は10年以上も交換していないが、防腐剤を入れているので腐敗はしていないが苦くてまずい。

b0054727_23314.jpg約2時間ほどで全部水が抜けるのでマットレスを折り畳みます。中心部にある黒い板がヒーター。これで温度を調節して、冬場でも暖かく寝られます。これで説明していると簡単そうに見えますが、実はきわめて大変な作業であまやんは何度も苦くて不味い水を口で吸い出したり、上にのったり。でも寝る事と食べる事のためなら努力は惜しんではいけませんね。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-27 01:54 | おもしろグッズ

無炭酸コーラ乳酸菌飲料

b0054727_3363988.jpgファミリーマートにいったら、箱に入った「無炭酸コーラ乳酸菌飲料」という新ドリンクが売られていたので早速購入。「ピルクル」で有名な日清ヨークの製品です。「飲んでみておいしくてビックリ、思わず誰かに教えたくなる不思議なドリンクです」というのがキャッチフレーズ。無炭酸コーラというと、気の抜けたコーラのようなイメーヂがあるが、実際の味は、マミーのコーラ風味、という感じで、コーラとは全然違うもの。不味くはないけどおいしくてビックリ、というほどでもないと思う。多分あまやんはもう買わないけど、話のタネにトライしてみては。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-26 23:36 | ドリンク・パラダイス

昔の絵本と小学館「勉強マーク」の話

今日はあまり話のネタがないので、先般三重のペンションに泊まった時に食堂においてあった、昭和40年代の絵本の話をしたいと思います。絵本はいろんなジャンルのが何冊かあったのですが、特に印象に残ったものを紹介。
b0054727_126065.jpg「どうぶつえん」1〜3歳用。まだ、パンダもコアラも日本にいなかった時代、最大の人気者はぞうさんやきりんでした。でも、表紙および内容を見ると、動物の紹介、というよりは、「動物園を楽しんでいるよい子たち」がメインテーマになっているのがおもしろい。

b0054727_1264162.jpgうさぎは、やさしくだっこしましょう、おかしはすこしだけあげるようにしましょう、と書いてある。最近ではお菓子はあげてはいけないことになってるはず。

b0054727_1271927.jpg「じどうしゃ」2〜5歳用。

b0054727_1273752.jpgこれは「パリの観光バス」らしい。こんなのが本当に走っていたんかな。

b0054727_128628.jpg小学館の社章である「勉強マーク」。小学館の雑誌や絵本は勉強に役立つ、というイメーヂ作りにも大きく貢献しています。で、よく見ると、テーブルの下に、コーヒーカップを逆さにしたような、釜のような形の物体がありますね。さてこれは一体何なんでしょう??


あまやんは、これはずっと、お湯を入れて足を温めるための「あんか」、だと思っていたのですが、小学館の公式見解では、これは丸テーブルのセンタースタンドの足なのだそうです。上のお皿の部分は足のせみたいなもんなんでしょうかね。勉強には役立たない知識でした。
[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-25 01:23

地元で仕事

本日はあまやんの地元の有力ベンチャー企業訪問、ということで、オリヂナルな自然素材を活用し、シックハウスフリーの「無添加住宅」の取り組みを進めておられる秋田ハウジング(無添加住宅)さんを会社のメンバー4人で訪問しました。あまやん実家の建て直しの工事をお願いしている会社でもあります。
b0054727_050539.jpg建設中のあまやん実家に見学に行きます。表面に張ってあるのが、中生代ジュラ紀の木の化石、ジュラシックストーン。同社のオリヂナルの珍しい素材です。

b0054727_0501854.jpg工事はまだ半ば。

b0054727_051584.jpg宮水発祥の地、西宮市南部には、白鹿、白鷹、日本盛、大関、白鶴など、全国的にも有名な酒蔵がたくさんあります。どこもレストランやショップが併設されているのですが、お昼は、そのひとつの酒蔵を改造したレストラン「白鹿クラシックス」に行ってみることに。蔵が6つあるのでクラシックスというらしく、クラシック音楽とは関係がない。

b0054727_0523816.jpg本日のランチ1050円。

b0054727_0525878.jpgパスタランチ1050円。

b0054727_0531626.jpg昔の商標登録の看板が伝統を物語る

b0054727_0541549.jpg土蔵を改造した店内はレトロな雰囲気。味の方は普通で、特筆すべきものでもないと思う。

b0054727_0544380.jpgそれから、上司K専務宅へ。これはその近くの海辺にある勝海舟が明治時代に外国からの侵略に備えて作った砲台。一度も実戦では使われる事はなかったが、練習中に中で爆発して死傷者も出たらしい。

b0054727_055112.jpgK専務宅で出てきたケーキ。このすぐ近くのアンリシャルパンティエケーキ工場で作られているもの。マニアックではないが、素材の良さを生かし、濃厚ながら甘さ控えめで、誰にでもわかるおいしさが売り。

b0054727_0552599.jpg夜は、仕事仲間の人妻M夫人、妊婦U夫人と、阪神西宮駅近くのお好み焼「来たろう」へ。普段は行列ができる人気店だが平日ということもありすんなり入れました。どれもおいしいのだけど、大盛りにしても少し小さいのが玉にきずか。ソースも5種類から選べます。おすすめ。すじネギ焼きポン酢味800円。

b0054727_055499.jpgオムソバ。

b0054727_056989.jpg広島焼き。一般的な広島焼きとは違ってそばは入っていない。
[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-24 23:59 | お店紹介

サクマ式ドロップス 火垂るの墓ヴァージョン

b0054727_1441645.jpgご存知、サクマ式ドロップスの復刻版で、映画「火垂るの墓」に出てきたものです。普通、お菓子を食べる、というのは楽しい行為であるはずなんだけど、悲しい映画で象徴的に出てくるものなんで、食べているだけでとっても悲しい気分になれる数少ないお菓子のひとつではある。

お菓子に詳しい人ならご存知だとは思うけど、話のタネとして紹介しておくと、一般にサクマのドロップといわれるものには、サクマ式ドロップス(佐久間製菓株式會社)と、サクマドロップス(サクマ製菓株式會社)の2種類があります。もとは同じ会社だったけど、戦時中に消滅、別々の人が再建したので、2つに分かれているそう。ちなみに「サクマ式」の方は、赤缶に入っていて、「サクマ」の方は緑の缶に入っている。チョコレート味は「サクマ式」だけ、梅味は「サクマ」の方だけに入っています。サクマ製菓の方は、「いちごみるく」とか関連商品を出していますが、佐久間製菓の方は、ドロップ一筋、という感じで、「佐久間製菓のサクマ式」の方がファンが多いらしいです。あなたはどちら派?
[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-23 22:04

金ちゃんヌードル

b0054727_1323280.jpg先日三重県鳥羽市のファミリーマートに行ったら、ちょっと懐かしい「金ちゃんヌードル」が売っていたので一つ購入、今晩の夕食として作ってみました。なんでも調べてみたところ、四国や山陽、中国地方では普通に売られているらしいけど、東京では売られたことはなく、関西では昔売っていたけど今は売っていない、ということだそうで、あまやんにとては、懐かしい商品ということになる。あまやんが小学校の1年か2年くらいの時、友達のMちゃん家に遊びに行った時に、友達そこのお母さんがあまやんに金ちゃんヌードルを作ってくれた。で、Mちゃんいわく、「うちのお母さん、欽ちゃんが好きやねん。せやから何でも欽ちゃんの商品を買うねん」と行っていたのを思い出したのだ。でも、考えてみたら、これは「金ちゃんヌードル」であって、「欽ちゃんヌードル」ではない。そこで調べてみたところ、欽ちゃんは当時の金ちゃんヌードルのCMに出ていて。「特大がトクだ〜い」などとギャグを言っていたらしい。

b0054727_1324867.jpgスープと具は別添になっています。具は海老が5匹、玉子が10粒。

b0054727_133420.jpgお湯をそそいで3分間。味はカップヌードルレギュラー味やカップスター醤油味に似ている。カップは薄いプラスチック製で一般的な発泡スチロール製と違うのが今となっては新鮮な感覚。2重構造になっており触っても熱くない。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-03-22 22:22 | 食べ物
お気に入りブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項