累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

痔を治すお寺は実在した! ヒサヤ大黒堂 苦楽園祖心堂

b0054727_2224646.jpgご存知、「痔」という漢字は「やまいだれ」に「寺」と書くのですが、これは「お寺に行かないと治らないような病気」だからと伝説ではいわれている。そして、本当に、痔を治すためのお寺のようなものがあまやんの家の近所に実在している。それがこの「ヒサヤ大黒堂 苦楽園祖心堂」である。ヒサヤ大黒堂は関西ではかなり知られた存在で、マンガ「じゃりん子チエ」でも「クサヤ恵比寿堂(笑)」として登場しているのを記憶されておられる方も多いであろう。あまやんも小学生の頃、大阪の北浜の夜空に輝く赤い「ぢ」の巨大看板を見て以来、トラウマになってしまい、習字の時間に先生用の朱色の墨で「」と書いて怒られたり、いまだに「じ」や「ジ」をパソコンで打つ時も、「di ぢ」と自然に指が動いてしまうようになってしまった。


b0054727_22101951.jpg ここが入り口。あまやんはではないんだけど、おみくを引いたり、を防ぐお守りのようなものもほしいので、ぜひいつか参拝してみようと思いつつ、行くといつも鍵がかかっている、不思議なミステリースポットである。
外から見たら、新興宗教のお寺めいた感じで、を治すための秘密の祈りや修行が行われているようであるが、たんに、税金対策で院、ゃなくて、寺院の形態をとっているのかもしれない。ひっそりとしている一方で、地元の求人誌ではいつも高給で従業員を募集しているなど、よくわからない不思議なお寺である。
薬は不思議に良く効くことで名付けられた「不思議膏」という不思議な軟膏を専用の注射器を使って大量に肛門に注入するという不思議な治療法を行うのだが、この薬は不思議なくらい高価なことでも知られており、100万円、200万円くらい使ってしまう不思議な人もいるらしい。
 このお寺で不思議膏を製造しているかも不明。ご興味のある方はヒサヤ大黒堂公式ペーまで。中に入ったことがある方おられましたらメッセーを書き込んで下さいね。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-27 23:57 | 探検!ミステリースポット
<< 手振り地蔵 満池谷墓地 プロデユーサー養成講座 同窓会 >>
フォロー中のブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項