累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

あまやん家法事

b0054727_964081.jpg本日はあまやんのおぢいさんの33回忌法要という事であまやん家が檀家になっている近所のお寺に行ってきました。お寺と言っても阪神大震災で倒壊後、再建された鉄骨作りの建物であまり味がない。あまやんのおぢいさんはあまやんが小学校低学年くらいの時に亡くなったんだけど、あまやんはかなり影響を受けていて、言い遺した言葉で特に印象に残っているのが、「何か珍しいものがあったら食べて見るんやで」ということと、「何でも説明書はよく読むのやで」ということ、それから「この家宝の小判は、このおぢいさんの、さらにおぢいさんからもらったものなんで、あんたがおぢいさんになったら、このおじいさんのおぢいさんのさらにおぢいさんからもらったものなんやで、と言いなさい」というような言葉である。他人の言う事はきかないあまやんだけど、とりあえずそのへんの教えは守りながら生きている事を報告。


b0054727_916530.jpg若いイケメンの和尚さん(大阪では、おっさん、と言います。おじさんを表す「オッサン」はサにイントネーションがあるのですが、和尚さんの「おっさん」は「お」にイントネーションがあり全く違う発音)、は、前は普通のサラリーマンだったらしいけど、このお寺に養子に来るために仏教大学を出て激しい修行をして、見事和尚さんになったらしい。
ちなみに袈裟の下はふんどしを締めているのか後で聞いてみたら、焦った表情で普通のパンツだと答えた。あまやんも坊さんになってみたい!坊主丸儲けともいうし、でもストイックな生活は無理かいな。などとお経を聴きながら考えます。

b0054727_9211258.jpgこの人形は法然上人らしい。このお寺は、浄土宗知恩院派なので、教義は「他力本願」なのです。「他力本願」とは、「他人任せということではなく、仏の本願により、日々ひたすら念仏を唱える事により、極楽浄土へ往生する事が出来る」という信仰なんだそうで、日本の葬式仏教の本質のような感じである。
 あまやんは基本的に無宗教だけど、「日々ひたすらおもしろいことを求めて実行することにより、楽しい人生を送る事ができる」というのが、あまやんの思想の本質のようなもんで、念仏なんぞ唱えている場合ぢゃないと思うから、他力本願とは根本的に相容れないものがあります。口には出さんかったけど。

b0054727_9291381.jpg「おっさん」の解説によると、真ん中にいるのが阿弥陀で、右が観音、左が菩薩だそう。イケメンおっさんは、「人はいつか死ぬけど、日々ひたすら念仏を唱えていれば、こういう形で極楽浄土へ迎えにきてくれる、だから日々念仏を唱えて信仰に励みなさい」というんだけど、そもそも、はっきり言ってこんな怖い全身金色の人たちなんかに迎えにきてもらいたくないですわね。セクシーな水着おねいさんがフェラーリなんぞにのって迎えにきてくれたら逝ってあげてもいいけど、それは信仰の対象にはならないかもしれないし、寝転んだあまやん像でも作って仏壇に飾ってもいいかいな、などと罰あたりなことも考えながらイケメン坊主の法話を聞く。

b0054727_9383043.jpg金色の蓮の花を発見!つぶつぶ蓮画像を思い出しましたが、もう少し精緻に作ってほしい気がします。後ろのチューブは生物の細胞の授業で出てきた「中心体」とそっくり。パイナップルがいい感じですね。パイン好きのあまやんは少し嬉しくなりました。パイナップルは1個250円くらいと安い上に立派に見えるので、他人の家に行く時にはあまやんはよく持って行きます。


b0054727_9413354.jpgローソクのこびりつく鑞には悩まされているらしく専用のプロフェッショナルクリーナ「ローがとれます」スプレーを発見。3980円。

b0054727_9431315.jpg法要後の食事は尼崎の「がんこ」に行きました。

b0054727_9445198.jpg豆腐鍋コースは2500円でかなりのボリューム。
[PR]
by amayan.no.1 | 2007-05-19 23:03 | よもやま話
<< 赤ケイマン(Cayman) 男タントと女タント >>
フォロー中のブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項