累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

ベンツのメンテナンス・インジケータのリセット方法(裏技)

b0054727_2232989.jpgあまやん宅にこの99年式メルセデス・ベンツC240(W202型)がやってきてほぼ1年。99年式なので、今年3回目の車検を迎えることになる。7年目という年式からして、中古価格では100万切るくらいのもんなんだけど、どうもベンツ=金持ち、というイメーヂが世間一般にはあるみたいで、嫁はんもあまやんも、たまに会社とか学校に乗っていったら、ガードマンのおっさんとかに「ベンツのってはるんですか!リッチですね!」とか言われるのが、いつもかなり嫌である。実際には高級車という感じではなく、加速も普通だけど、ものすごく小回りが利くので便利なのと、高速行きでの安定感はすばらしく、また燃費もかなり良い、しっかりできた実用車という感じである。このモデルは、現在のようなコスト優先で作られる前の時代の最後のベンツで、丁寧に作られており、丈夫で、値段も手頃なので、車にこだわりのない人にもおすすめ。きちんとオイル交換してメンテナンスしたら、10年、10万キロ超えても、がたが来る事も無く、乗り続けられます。

b0054727_2214235.jpgこの車には、メンテナンス時期を示すメンテナンス・インジケーターという装置がついていて、前回からの点検整備から、15000キロ、あるいは1年のどちらか早い時期が来たら、スパナのマークが点灯し、整備工場へ行く事を促すようになっている。そして、スパナのマークをリセットするには値段のべらぼうに高いヤナセなどの正規ディーラーで点検整備を受けるしかない、というしくみになっている。

b0054727_22192214.jpgでも、実は自分で簡単にリセットできる裏技があるので、ここで公開します。
ヤナセさんごめんなさいね!
まず、エンジンキーでイグニッションをONにします。

b0054727_22233124.jpgそれから、インパネ左下にあるトリップメーターのリセットスイッチ(0)を2回素早く押します。
インジケーターにスパナと数字が出たら(上の写真の6800の状態)が出たら、イグニッションをACC(ラジオなど電装品のみ使える状態)にします。
次に、ボタン0を押したまま、イグニッションをONにします。

b0054727_22284543.jpgそのままボタンを10秒ほど押し続けると、ピーと音が鳴り、インジケーターがリセットされ、15000に戻ります。次回のメンテナンスは、1年後または15000キロ走行後です。W202の他、W203やW124、Aクラスなども基本的に同じ方法で出来るはずなので、おためしを。ただ、保証期間の残っている新車などは、保証の対象外になるので、やってはいけません。

[PR]
by amayan.no.1 | 2006-12-04 00:01 | 車/バイク
<< 丸福珈琲店 アーモンド・ラ・テ ワタミ わたみん家 >>
お気に入りブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項