累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

伊丹 イオン セルフレジ

b0054727_1015505.jpg伊丹ダイヤモンドシティ内のイオンに関西初のセルフレジが登場!ということで、早速試しにいってきました。スーパーマンと言われるくらいスーパー大好きなあまやんが、40年近く憧れつづけてきた、レヂのおねいさんになった気分が味わえる瞬間が、とうとうやってきたのです。


b0054727_10185363.jpgセルフレジは4台あって行列ができる大人気!コスト削減と時間の短縮、ということがセルフレジの趣旨なんだけど、セルフレジを守るために、6、7人のベテラン店員が張り付いている一方で、普通のレジは空いているのが意図に反していておもしろい。

b0054727_10223460.jpgこれがセルフレジの全貌。どういう仕組みかというと、商品のバーコードと、登録された重量で管理しているのです。

b0054727_10233690.jpg支払い方法を選択します。


b0054727_10244982.jpg選んだ商品のバーコードをスキャンし、袋に入れます。袋側の方の台には、重量をはかるためのはかりがついており、あらかじめ登録された個別商品の重量と照らし合わせて、商品がきちんと購入されたかを判別、万引きなどを防止する。また、バーコードのない商品、生鮮野菜などは、ボタンを別途押すしくみになっている。ただ、生鮮食料品(たとえば、このみかんなど)については、個別の重さのばらつきが相当あるので、すぐに警告音が鳴り、「重量と商品が一致しません」というメッセージが出て、後ろで控えている店員が飛んで来て世話を焼くことになる。また、クーポン券や賞味期限近い特別割引品については、一応できるシステムにはなっているけど、非常にわかりにくい。また、 この台にのらないくらいの大量買いなどには適していません。まあ、レジャーというか、遊びの領域を超えていないような感じですかね。スーパー好きなら試してみる価値はあるけど、大多数の人や、店にとってもかえって不便でコストがかかるようなもんですね。
[PR]
by amayan.no.1 | 2006-11-03 09:06 | よもやま話
<< おもちゃ王国 リカちゃんハウス 安曇 いちじく&ヨーグルト >>
フォロー中のブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項