累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

中国酒家 福龍園

b0054727_9151396.jpg今日は、忘年会という事で、ネット友達のおすすめの福龍園という中華のお店に行ってきました。大阪天満宮の近くで、まずはわからないような場所にある、大衆中華のような感じの目立たない、いわゆる「内外装に気を使っていない」タイプのお店。でも、中身はすごい実力派の料理とのこと。さてさてお味のほどは?

b0054727_9194671.jpgまずは前菜4種盛り。ニンニクの芽、レバーなどですが、特筆すべきはレバーが全く臭みなく仕上がっていて、このお店の実力のすごさが伺い知れます。こんなレバー食べた事がなかったです。

b0054727_921884.jpg次に出てきたのが、栗と鶏の炒め物。栗が炒め物になって鶏と出てくるのは衝撃的な味わい。栗の甘みが歯ごたえのあるぷりっとした鶏と意外なコンビネーションです。

b0054727_922449.jpg豚肉と豆の炒め物。「もろみ」のようなものが入ったみそ味で、先ほどの栗&鶏とはまた違った炒め物の世界を醸し出しています。


b0054727_923362.jpg腸詰めとチンゲンサイの炒め物。独特の濃厚な味のある中国腸詰めと、あっさり、かつシャキシャキしたチンゲンサイの組み合わせが絶妙。

b0054727_9243718.jpg名物の四川
麻婆豆腐。はじめての人には辛さ控えめで作るとのことですが、それでも普通の人には衝撃的な味わいだと思います。さらに衝撃的な辛さも頼めば作ってくれるとか。

b0054727_9251263.jpg酸辣湯。胡椒をきかせた辛口スープ。酸っぱさも酢が前面に出ない自然な酸味です。

b0054727_9253964.jpg特別料理として作ってもらったクジラの炒め物。クジラというと、固くて臭みがあるというイメーヂがあるけど、とてもやわらかくて臭みもなく、極上のヒレ肉という感じ。

b0054727_926051.jpg焼き飯。ツボを得た味付け。

b0054727_9263478.jpgデザートのごま団子とライチ。手作りの揚げたてごま団子は香りがすばらしい逸品。

b0054727_927117.jpg壁の黒板にかけられた菜単。いきなり最初に「ギンナンと生牡蠣の炒め物」などというすごいメニューが載っている。

b0054727_9273061.jpg店主の浅見さん。そのへんの一流ホテルなんかで出てくる中華料理なんかには、とても太刀打ちできないような、空前絶後の中華料理が、お世辞にもきれいとは言えないこのお店で出てくるという衝撃と、それを何気なく作ってしまう、このおっさんはただ者ではない!鯉の丸揚げのようなものも、予約しておけば作ってくれるそうです。結論からすると、あまやんがこれまで中国各地や、日本で食べた中華の中でも、指折りのおいしさでした。一人7000円くらいとちょっと高めなのですが、十分納得できるものです。14席しかないので、要予約。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-12-02 09:55 | お店紹介
<< あまやんファンド運用日記 中華料理 嘉義 >>
フォロー中のブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項