累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

 松坂慶子&松山容子ボンカレー

b0054727_1251983.jpg大塚食品の「ボンカレー」のイメーヂキャラクターが、37年ぶりに「松山容子」から「松坂慶子(53)」に変更。この松坂慶子ボンカレーは、だいぶあちこちで探して、今日やっとコンビニで発見、実はまだ食べていないのです。さて、みなさんこのキャラクター変更についてどう思いますか?ビジネススクールのマーケティング戦略なんかの授業では話題にしても面白いんぢゃないかな、と思います。和服を着た美人のお母さんがつくってくれる、というイメーヂを踏襲しており、松山あっての松坂、という感もなきにしもあらず。

b0054727_125513.jpg37年間親しまれた松山容子ボンカレー。当時30歳だったとか。思うところに、松坂慶子は、現在もテレビで活躍しているけど、松山容子はもう引退し、もはやボンカレーの中だけに生きている伝説の存在、というようになっていて、かつ、随所に貼付けら、電車の窓から一瞬見える(関西では阪和線沿いに多いのではないか)ほうろう看板で、ボンカレー=松山容子、という概念が国民の中にサブリミナル的に定着しているような気がするのだ。今回の路線でいくならば、松坂は松山を越えることができないような気がする。コスト的にも、償却のとっくに終わっている松山をやめて、高いお金かけて松坂に変更する意味がないような気がするので、あまやんはキャラクター変更にはどちらかというと反対である。
b0054727_1454757.jpgそれと、松山はボンカレーを実際にごはんの上にかけているのに対し、松坂はただ笑っているだけで、「私は有名女優なんだからそんなものは食べないわよ」などというようなことを言いそうな感じもするのだ。ちなみに、松山容子は今後も沖縄地区では継続販売されるそうなので、沖縄土産にぜひどうぞ。

[PR]
by amayan.no.1 | 2005-09-08 01:22 | 食べ物
<< 日清ヨーク「山形ラ・フランス ... 日本一小さいたこ焼き屋「シオヤ... >>
フォロー中のブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項