累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
検索

堺へ行ってきたさかい(3)地元のお店

仕事も終わってブースを撤収し、地元のいろいろなお店をまわってみることにします。
b0054727_143952.jpg遠くに見える山は、実は山ではなく、個人のお墓としては世界最大の面積を誇る仁徳天皇陵。

b0054727_1454579.jpgのどかに走るちんちん電車。奥にけし餅で有名な小島屋本店があります。

b0054727_1463671.jpg「小島屋」の本店。URLはhttp://www.kesimoti.com/
会社へのおみやげに10個入りを買って帰ることにしました。1280円。くるみ餅の「かん袋」に行こうと思っていたんだけど、残念ながら火、水定休日。

b0054727_1584110.jpgふつうのけし餅はデパートでも売ってるけどこの左の棒状のけし餅は本店でしか手に入りません。

b0054727_1525093.jpg
夕食は、この小島屋/ちんちん電車宿院駅のまえにある、ちょっと変わったそば屋「ちく満」で食べる事にします。外から見たら、鉄筋コンクリートの工場が、古い民家の上にかぶさって立っているような変な建物の上、何を売っている店なのかさっぱりわからない。

b0054727_1535287.jpg民家部分がお店の入り口。よくこんな建物が建築確認おりたものだと関心する。営業しているのかしていないのかよくわからないし、知らない人はまず入ってこない雰囲気。

b0054727_1541657.jpg通路は薄暗く、左で機械がそばをこねている。

b0054727_1545068.jpg
つきあたりを右に曲がったところが食べるコーナー

b0054727_1551919.jpgメニューはこのせいろ蒸しそば1種類のみ。1斤600円、1.5斤800円、2斤1000円。写真はあまやんの食べた2斤。暖かいざるそばで、とき玉子につけて食べる。麺は非常に柔らかくベチョットした感じ。あまやんは、そばは香りとのどごしを楽しむものだと思うので、こんな柔らかいのはちょっと駄目、と思うんだけど、はじめからこういうものとして、そばを食べて育ってきた人にはこれでいいと思える味なのかも。伊勢うどんや素がきやうどんのようなものか。

b0054727_155393.jpgここは深甚(深谷甚兵衛)という「麩(ふ)」だけを売っている老舗。堺にはこういうお店が多いとのこと。


b0054727_156793.jpg帰りに出張の疲れを癒すため銭湯に行きました。沖合2.5キロから海水を引いてきて、濾過した海水風呂に入浴できるので有名な「湊潮湯」。この地域には戦前戦後はたくさん海水風呂を持つ銭湯があったらしいが現存するのはここだけ。前はもっと風情ある銭湯だったんだけど、数年前に鉄筋に改装して味がなくなった。肝心の潮湯も循環式。もとの海水は無尽蔵にあるんだからかけ流しにしてほしい。ちょっと残念。


b0054727_1563643.jpg今回ここで風呂上がりに飲んだ銭湯ドリンク「三ツ扇サイダー みかん水(80円)。大阪市港区で作られている銭湯専用のドリンクである。ほとんど砂糖水と着色料で、なんと保存料パラペンも入っているなど、とても体に良くないドリンクなのだ。


以上、堺出張レポートでした。
[PR]
by amayan.no.1 | 2004-12-08 23:14 | お店紹介
<< 堺へ行ってきたさかい(2)プラウ アトラス >>
お気に入りブログ
日刊ドリンク ~Dail...
いつも食べることばかり・...
インド生活フン闘記
乳製品ぶろぐ
Junk Story
あほうもん
●○YASUSHI ~D...
PARIS+ANTIQUE 
大きなJELLYの木の下で
1% のポルシェ カイエンMT
日々わくわくと
オシリ大好き~
ayaの食べるって幸せだ...
外部リンク
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
40代
旅行・お出かけ
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項